みなさんは、心を閉じていませんか?
心が開かれている状態を「オープンマインド」といいますが、
現代人はその逆の「クローズマインド」(閉ざされた心)になりやすいと言われます。

ネガティブな情報やストレスいっぱいの生活環境など、心が閉ざされる理由はさまざま。
「怒り」や「嫉妬」などの感情も心をクローズドにさせる原因です。
でも、人間関係や周りの環境がどんな状態にあってもオープンな心をキープすることが、幸福感や健康につながります。

最新の脳教育の理論では、心が閉ざされていると、本来の潜在能力が発揮されにくくなります。
それは、心が閉鎖的だと、古くからの習慣や固定観念に固執してしまい、脳を発展させることができないからです。

私たちが生きているうえで身に付いた習慣や固定観念には、否定的なものが多いです。
「自分にはできない」「どうせ自分は、幸せになんかなれない」。
そんなネガティブな考えが、大人になるにつれて支配的になります。
私たちの脳は、自分自身が考えたことを「絶対的な真実」として受け入れる傾向があり、
「どうせダメだ」と思うと、脳は本来の力を発揮することを放棄してしまのです。

意識的に心をオープンにすることで、萎縮してしまった脳を活性化することが、現代人の幸福や成功、そして健康のカギです。
そのためには、人間のエネルギーセンターと言われる「チャクラ」を開くこと。
そして、身体のエネルギーの通り道である経絡の上にある「ツボ」を開くことが、たいへん有意義だとされます。

東洋医学によると、私たちの体には、気エネルギーが流れています。
高いところから低いところへ水が流れていくように、自然にゆるやかに流れる川のように、
エネルギーが滞りなく全身を循環するのが、人間の本来の姿。
エネルギーがしっかりと流れていれば、健康でいられるとされます。

体と心、そしてエネルギーは一つであり、チャクラが開き、エネルギーがスムーズに全身を流れるようになれば、
私たちは地球と一体となり、真の意味でオープンになれます。

「きっと大丈夫セミナー」は、心を開き、人間力を高めるための自己啓発セミナーです。
ありのままの自分を受け入れ、可能性を引き出していきます。

心を開いていれば、周囲の人とも自然に心が通じ合って共に思いやり分かち合うという素晴らしい人間関係が築けるようになるはず。
肩ひじを張らずに自然体でいられるから、ストレスもなくなり、心も体も良好なコンディションへと導かれていきます。

※ご興味がある方はスタジオへお気軽にお問い合わせください。
明石スタジオ TEL(078)934-5630