来月、映画の上映をします ️ よかったら、みんなで見に来てください

日時 : 2/7(日)

14時開場   ・14時半から16時半

場所 : 加古川総合庁舎内   ・東播磨生活創造センター「かこむ」1階 講座研究室

兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97-1(加古川駅改札口を出て南東に徒歩5分)

内容 : 『蘇生』上映会、 呼吸瞑想体験

オーラ撮影やタロット占いブース有り 託児サービス有(定員に限り有)

料金 : 当日1500円(前売1200円)   ・学生1000円   ・未就学児 無料

 

『蘇生』あらすじ

2011年3月11日に起きた東日本大震災、そして、福島原発事故がきっかけとなり、製作されました。

目に見えない放射能汚染、そして、人類が直面している地球規模の様々な環境問題、食料問題、健康問題。

人類の文明の発達により汚染されてきた地球ぐ、地球最古の生物である微生物たちの力によって蘇生していく可能性をおったド   キュメンタリー映画です。

 

白鳥哲監督

映画監督・俳優・声優。 1994年テレビドラマに初主演。舞台『あ?!それが問題だ』(作・演出江守徹)では、文学座の新人としては異例の主役・ハムレット役に大抜擢される。

主演映画『Pandora!』では工藤夕貴の相手役に抜擢され、映画『日本の黒い夏』では中井貴一の部下役で映画俳優として注目される。

監督映画『ストーンエイジ』は、黒田勇樹、佐藤藍子、柴田理恵などの俳優を起用した本格的な作品となっており、ハリウッドでも上映され、高い評価を受けた。

監督映画『不食の時代』は、1日青汁1杯で生活し続ける森美智代を取り上げ、食を見つめ直すドキュメンタリー映画。

回想ドラマに山田まりやが起用されている。

監督映画『祈り』は、筑波大学名誉教授の村上和雄博士を取り上げ、「祈り」を含めた心の働きが遺伝子に影響を与えることを表現している。

「祈り」を含めた意識研究の最先端を明らかにしている。

この作品は、各国での国際映画祭でグランプリや優秀賞などを受賞し、世界で高い評価を受けている。

『蘇生』は、2015年劇場公開作品。

 

お申込み、お問合せ:イルチブレインヨガ 担当そうの (078)965-7227

たくさんの方のご参加をお待ちしております